飼い犬が人を噛んだら

犬を飼っている人は多くいますが、そういった人たちが巻き込まれるトラブルの中でも飼っている犬が他人を噛んでしまったというものは非常に多く、その対処方法を知っておかないと飼い犬が殺処分となってしまう可能性もあります。
犬を飼う場合、鳥獣保護法や地域保健法の条例などによって定められている管理規定を守らなくてはいけません。
この管理規定には人間に害を及ぼすおそれのある動物の飼育を認可しない、という方針があるので他人に噛み付く犬に対する管理責任などについてもきちんと言及されています。

飼い犬が他人を噛んでしまった場合、まず飼い主には最寄りの保健所に届け出る義務があります。
保健所に届け出るとそのまま殺処分にされてしまうというイメージを持っている人が多いですから、通報できないという人もいます。
ですが飼い犬が他人を噛んでしまったからといって、保健所に届け出たら絶対に殺処分になるという訳ではありません。
さまざまなチェックを受けて、その上でどうするかを判断されます。
ですから自分の飼っている犬が他人を噛んでしまった場合、まずは保健所に届け出る事が重要となってくるでしょう。

当サイトでは保健所に届け出た後でどのようなチェックを受けて、その後どのような事になるのかや、他人を噛んでしまった犬の対処などを解説します。
飼い犬が他人を噛んでしまった場合に備える事は、自分の大切なペットを守る事にもつながりますので、きちんと知識を得ておきましょう。

Copyright © 2014 飼い犬が他人を噛んでしまったら? All Rights Reserved.